ムダ毛処理機の有能さ「ソイエ」について

ムダ毛処理機の有能さ「ソイエ」について
若いころ、入浴中にムダ毛を剃って処理していました。しかし、ムダ毛処理を忘れて入浴タイム終了してしまったり、頻回に処理しなければならないこと、剃刀の本体買い替えや替え刃や購入と意外と出費がかさむことが、特に気になりました。全身脱毛のエステに行くと、少し毛を伸ばしておかないと脱毛処理をしてもらえないことや、金銭面や、施術者の方に見られる恥ずかしさが、気になりました。

しかし、電動ムダ毛処理のソイエは購入時に一万円から二万円程度の出費がありますが、いつでも脱毛処理が可能で、購入するといつの間にこんなに長いこと使っていたんだろう?と思う位、使用し続けられる点がとても良かったです。それでも、欠点がないわけではありませんが、私は特に大きなトラブルなく何代目かのソイエを使用中です。

初めて使用するときは、どれ位の刺激があるのかわからず勇気がいりますが、ほとんど痛みは伴いません。初めて購入したものは、充電式ではなかったので不便がありましたが充電式に替えたため解決しました。脱毛時、小さなローラーが回転してサイドの金具が毛を挟み込むような感じで脱毛しているようで、何度か脇の皮膚を挟んでチクっとしました。

しかし、それも新しいものに買い替えると解決しました。劣化だったのかと思います。あとは、使用し続けると、毛がクルっとまた皮膚に潜り込むようになって黒いポツポツが目立つ時期がありました。

そこで、除毛シート等も使用してみましたが、肌トラブルが起こり、私にはあいませんでした。肌トラブルの少なさもメリットかと思います。ソイエを使用中、脱毛直後の毛穴周辺の軽い赤みは出ますがすぐに引いてしまうので、特に気になりませんでした。除毛シートやクリームを使用するものは、全体が赤みを帯びたり時にはヒリヒリとして、驚きます。そういったことから、ソイエが手放せなくなっており、今後もソイエを愛用するかと思います。

それか黙って医療脱毛をするのが良いでしょうね。
置いておきます
新宿の医療脱毛クリニックまとめ※料金やコースも徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です