ムダ毛処理機の有能さ「ソイエ」について

ムダ毛処理機の有能さ「ソイエ」について
若いころ、入浴中にムダ毛を剃って処理していました。しかし、ムダ毛処理を忘れて入浴タイム終了してしまったり、頻回に処理しなければならないこと、剃刀の本体買い替えや替え刃や購入と意外と出費がかさむことが、特に気になりました。全身脱毛のエステに行くと、少し毛を伸ばしておかないと脱毛処理をしてもらえないことや、金銭面や、施術者の方に見られる恥ずかしさが、気になりました。

しかし、電動ムダ毛処理のソイエは購入時に一万円から二万円程度の出費がありますが、いつでも脱毛処理が可能で、購入するといつの間にこんなに長いこと使っていたんだろう?と思う位、使用し続けられる点がとても良かったです。それでも、欠点がないわけではありませんが、私は特に大きなトラブルなく何代目かのソイエを使用中です。

初めて使用するときは、どれ位の刺激があるのかわからず勇気がいりますが、ほとんど痛みは伴いません。初めて購入したものは、充電式ではなかったので不便がありましたが充電式に替えたため解決しました。脱毛時、小さなローラーが回転してサイドの金具が毛を挟み込むような感じで脱毛しているようで、何度か脇の皮膚を挟んでチクっとしました。

しかし、それも新しいものに買い替えると解決しました。劣化だったのかと思います。あとは、使用し続けると、毛がクルっとまた皮膚に潜り込むようになって黒いポツポツが目立つ時期がありました。

そこで、除毛シート等も使用してみましたが、肌トラブルが起こり、私にはあいませんでした。肌トラブルの少なさもメリットかと思います。ソイエを使用中、脱毛直後の毛穴周辺の軽い赤みは出ますがすぐに引いてしまうので、特に気になりませんでした。除毛シートやクリームを使用するものは、全体が赤みを帯びたり時にはヒリヒリとして、驚きます。そういったことから、ソイエが手放せなくなっており、今後もソイエを愛用するかと思います。

それか黙って医療脱毛をするのが良いでしょうね。
置いておきます
新宿の医療脱毛クリニックまとめ※料金やコースも徹底比較

医療レーザーは痛みを引き換えに美を得る

毛は必要だから、そこに生えているのにも関わらず私達は毛を処理する。それは、つるつるのムダ毛のない肌を手に入れたい為である。中には、というかその大半は異性の目を気にしてというのもあるだろう。異性の目がなければ正直、腕毛足蹴ボーボーでも構わないと私は思う。
医療レーザーは痛みを引き換えに美を得る
だけど、そういってる場合ではないわけで、私達は手間暇、時間、お金をかけてムダ毛対策に勤しむのであります。また、ムダ毛対策には痛みが伴う場合もあります。かみそりで処理してる最中に肌を切ってしまったといのは、誰でも一度は通る道でありますし、美容サロンで脱毛するしにても、まったく痛みがないというわけではないので、やはりある程度は我慢しながら、つるつる肌を手に入れることになります。

私が思うに一番人気で誰もがいらないと思っているムダ毛は脇の毛ではないでしょうか。そういう私も腋毛の脱毛を体験したことがあります。初めに行ったサロンはTBCの針脱毛でした。針脱毛は一本一本の毛根をダイレクトに破壊していくような感じで時間もお金もかかりましたし、痛みもそれはそれは大変なものでした。次に行ったサロンはレーザー脱毛を行っている皮膚科でした。
ここを参考にして探してみました。皆さんもみてみてください↓↓↓
http://xn--ekr604bkrel3l4jnxqx.com/(別サイトに飛びます)

もちろんレーザー脱毛も痛みは伴いますが、私的には針脱毛よりかは格段に痛みは少なく、また結果も目に見えて腋毛が少なくなっているのがわかりました。今は通っていませんが、効果は今でも十分にあり、腋毛が薄く少なくなり大変満足しています。

毛深い悩み!脱毛して解消したい!

私はとても毛が濃く、剃っても剃ってもすぐに生えてきます。
何度も剃るのがめんどうなので、わきの毛を毛抜きで抜こうとしましたが、痛くて、しかも赤くぶつぶつになってしまったんので断念しました。

脱毛サロンも予約したことがありますが、何度も通わなくてはいけないときき、時間とお金がなかったのでやめました。脚や脇は自分で処理できますが、特に背中や首の後ろは自分でも気づきにくく、妹に言われて初めて、背中の毛も濃いことに気づきました。毛深い状態でプールや海に入っていたのかと思うと恥ずかしくてたまりません。背中の毛はときどき妹にそってもらっています。

毛深い悩み!脱毛して解消したい!
それだけでなく、胸毛も生えていて、デコルテ部分や乳輪の毛が、自分でも処理するのが難しく、傷つきそうでこわいです。とくに、一本長くて太くて濃い毛が、乳輪に生えていて、何度抜いても同じところに生えてくるので気になります。おなかにも毛が筋のように縦にまっすぐならんで生えていて、公衆のお風呂のときなど恥ずかしいです。

デリケートゾーンの毛も濃く、おしりのほうにも毛が生えています。よくパンツから毛がはみ出してしまいます。VIO脱毛などもサロンでやっているとききましたが、とても恥ずかしくていけません。全身脱毛できたらすごくいいなと思うのですが。
参考にみてみたサイトがこちら↓↓↓
http://physical-lab.jp/(別サイトに飛びます)

何か画期的な脱毛方法はないのか、探してみてはいるのですが、いまのところ、まだ自分にあった脱毛方法を見つけるにはいたっていません。
脱毛クリームは、肌が乾燥肌なので、自分の肌にあうか心配です。

困ってます!庭の猫対策!!

先月、新居に引越ししました。台風が来る前にバタバタを引越しを終わらせ、片付けやら荷解きやらであっという間に一ヶ月がたちました。
新居はとても快適です。
悩みに悩んだ壁のクロス。
やっぱりアクセントクロスにして良かったな~と壁を眺め、にやにやしながらコーヒー飲んで幸せを実感しています。
新居での新しい生活の第一歩をようやく踏み出して安心してました。

しか~し!!しかしですよ!!

庭側の窓を開けてたら、なんだか臭い!!!いやいやとっても臭い!!
この臭いのもとは何だ?と庭先に出てみると、ありましたよ!!

臭いの正体は
猫のフン!!!!!!

もうね、テンションが下がりますよ。ウキウキ気分が一気にブルーに。
ここの地域は、野良猫がとっても多いな~と思ってたんですが、嫌な予感は的中しました。

けれどもいつまでもブルーになっているわけにはいきません。
すぐさま掃除!掃除!!掃除!!!

穴を掘って埋めて、消臭の為にコーヒーのカスを巻いてみました。

そして、対策を考えなければと思い、急いで近所のホームセンターへ車を走らせました。

猫にフンをされないようにいろんな種類の対策グッズがあるんですね~。
それだけ悩んでる人がたくさんいるって事ですね。

品定めをして猫が来なくなるというミントの香りがする砂や、猫が苦手なハーブを購入。

とりあえず庭に巻いてみました。が

が、

が!!困ってます!庭の猫対策!!

翌朝、窓をあけると臭い!!!!!

もしや?と思うと、ありましたよ。

もうね、ショックで言葉が出ませんよ。

とほほ。

商品の効果がないのか?私の砂の巻き方が悪かったのか、それとも鼻が詰まった猫ちゃん達なのか。。。。

何か良い対策ってないんですかね?
本当に困りはてています。どうしたらいいんでしょうか?

猫がこなくなることを祈るばかりです。

従兄弟の息子さんの一人暮らし

今年の8月より従兄弟の息子さんが一人暮らしを始めています。こちらの従兄弟の息子さんは始めての一人暮らしとなり、引越しのお手伝いなどをさせていただきました。一人暮らしをするにあたって、色々と考えたそうです。なるべく家賃は安いところでありながら、自分自身で妥協できないところは何かなどをピックアップして物件を探した方です。

物件は賃貸となりますが、例えば、トイレとバスは別であることや、洗面所は独立洗面台であることなどにこだわりがあったそうです。また、お風呂は追い炊き機能がついているところが良かったらしいのですが、これについては妥協したと言っていました。でも、色々と自分自身で考えて始めてこの様な行動にでられたことは良いことだと思います。

あれこれと色々考えることによって、今までの生活は恵まれていたんだなと感じることもできたことと思います。こちらの従兄弟の息子さんは料理は得意であったそうで、炊事の方はバッチリなのだそうです。子供の頃からこの様なことを覚えておくといつか自分自身を助けるものなのだと思いました。そんなことを思うと、我が家の娘にも早くからご飯の炊き方などを勉強させておくべきかなどとも思いました。

従兄弟の息子さんの一人暮らし従兄弟の息子さんは今のところあまり困ることなく生活できているそうです。そんなことが分かったのも先日はその従兄弟の息子さん宅にお招きいただいたからです。まだまだお若いのにお招きいただけるとは嬉しいものでした。お茶をご馳走になりましたが、元気にやれていることが伺えました。隣人や大家さんとも仲良くやれているそうで良かったです。夏の暑い時期での引越しとなりましたが、良いスタートがきれたのではないかと思います。

感染症の予防には

感染症の予防には日本の感染症の中で最も有名なのはインフルエンザですが、そういった感染症に最も感染しやすい場所と言えば、やはり職場や学校でしょう。感染症の予防のために、定期的に窓を開けて換気をすることが効果的ということもよく聞きます。ところが、私の勤務先のオフィスでは、すべての窓がはめ殺しになっていて、窓を開けることができないのです。そのせいか、特に冬場には周りに風邪をひく人が多くいます。そして私と同じグループ内に、インフルエンザにかかる人が、毎年必ず一人はいます。私自身は毎年必ず予防接種を受けていますので、今の職場ではインフルエンザにかかったことはないですが、軽い風邪なら毎年必ずひいています。その原因の主なものは、この職場環境だと思っています。とはいえ、職場環境は変えられないので、何か自衛策がないか考えてみることにしました。

空気が乾燥していると風邪をひきやすいとよく聞くので、オフィスの湿度を測ってみることにしました。自宅で使っている簡易的な温湿度計を持ち込み、見てみると、何と10%ぐらいしかありませんでした。40%を下回ると乾燥状態と言いますから、これはもう、砂漠のようにカラカラの状態と言っていいような数字です。

防衛策としては、まずマスクが考えられますが、仕事中にずっとマスクをしていると、息苦しい感じがしますし、何よりも耳が痛くなってくるのがつらいです。そこで、湿らせたタオルを部屋に干しておくだけでも、乾燥には効果があるということで、職場のデスクの上に、湿らせたタオルハンカチを置いておくことにしました。すると、確かに効果がありました。乾燥した部屋に長時間いると、喉や目が痛くなってきますが、これをやっていると、かなりマシになりました。タオルハンカチはすぐに乾いてしまうので、頻繁に濡らしに行かなければなりませんが、感染症の予防のためなら、これぐらいの手間は惜しくはありません。

ところで、インフルエンザの予防と言えば、消毒液が連想されると思いますが、私の職場にもそれは常備されています。確かに手を頻繁に消毒するのは効果的でしょう。しかし、手だけでは不充分だと思う所があります。それはトイレです。職場でもほとんどが洋式でしょうから、便座に直接肌が触れることになります。そこで私は、便座を必ず消毒してから座るようにしています。そのときに便利なのが、「手ビカジェルミニ」という商品です。携帯用の消毒液は他にもありますが、これが一番小さく、ズボンのポケットに入れていても全然かさばらないので、重宝しています。

いずれの防衛策にしても、感染症を予防しようという意識を絶やさないようにすることが重要だと思います。